髪 良い匂い

男性はシャンプーの香りが好き?!

 

 

いい香りの髪が近くを通ると思わず「良いにおい!」って
振り返ってしまうこともありますよね。

 

男性も、香水よりシャンプーの匂いのほうが好き!
という人の方が大多数のようです。

 

一方、きつすぎるフレグランスシャンプーは、
好みが分かれますので、注意が必要ですよね。

 

「なんだかシャンプーの匂いが長続きしない…」
「どのシャンプーがいい香りが続くの?」
と悩んでいるかた、参考にしてみてください。

 

いい匂いとはどんなものなのでしょうか?

 

個人の好みとも言えますが、シャンプーにはフローラル系、
柑橘系、シャボン系…様々な香りがありますね。

 

ただし、ここで一つ注意点。
シャンプーの香りと髪から香るシャンプーの香りが
必ずしも一致するわけではありません。

 

つまり、ただ良い香りのシャンプーを
使えばよいというわけではないのです。

 

髪からいい匂いをさせる3つのコツ

 

コツ1 シャンプーの洗い方でも頭皮のにおいが変わる!

 

あなたはしっかりとシャンプーで頭を洗えていますか?
髪かた良いにおいをさせたいのであれば、
洗い方も一度見直してみましょう。

 

洗う前にはしっかりとブラッシング

 

髪を洗った後、濡れたブラッシングする人がいますが、
それは間違いです。
濡れている髪は摩擦も大きくなり、
かえって髪にも頭皮にもダメージを与えてしまいます。

 

ブラッシングをするなら、
髪を濡らす前に(お風呂に行く前に)してあげるのがベター。
ホコリがとれたり、汚れがとれやすくなります。

 

爪を立てない

シャンプーをするときは、しっかちと指の腹で洗うようになイメージ。
爪を立てしまうと、
頭皮に傷がついてしまうので、注意しましょう。

 

頭皮に傷がつくと、そこから、炎症が起きたり、
ダメージを受け、いやなニオイが発生しやすくなります。

 

すすぎ残さないように

またすすぎ残しもないように、しっかりとシャワーですすぎましょう。。

 

シャンプーが残ってしまうと、
それが頭皮に残ってしまい炎症などを起こしてしまいます。
その時に不快なニオイを発生させることもあるからです。

 

コツ2 シャンプーのニオイを長持ちさせるコツはドライヤー?

 

 
そのシャンプーの匂いを長持ちさせるのにもコツがあります。

 

それはドライヤー。
まず、洗い上がりの髪をそのまま放置はだめです!

 

そのまま放置すると、
雑菌が増殖し不快な臭いを発してしまいます。

 

髪のうるおいやツヤのためにも、しっかりとドライヤーを当てましょう。
その当て方ですが、まずはしっかりと頭皮から乾かすことです。

 

前述の通り、頭皮は汗や皮脂が多く分泌される部分。
水分が残ってしまうと、悪臭のもとになります。

 

だからといって、ドライヤーを頭皮に近づけて熱風を当てまくるのも厳禁。

 

頭皮の過剰な乾燥は皮脂分泌の促進、
髪の乾燥、パサつきにもつながります。

 

頭からドライヤーを15センチ以上は
離して利用するのが良いでしょう。

 

表面だけ乾かして、内側に水分が残っていては意味がありませんからね。

 

キューティクルの向きに沿うように、上から下へ当てていきましょう。
内側が終わったら表面。

 

そして最後に全体に冷風を当てましょう。
こうすることでキューティクルを引き締める効果があります。

 

これらを実践すると、
髪の美しさのみならず良い香りも長時間保たれます。

 

髪の不調やシャンプーの香りが長続きしないことに悩んでいる方は、
まずドライヤーに着目してみてくださいね。

 

コツ3 いい匂いにさせるシャンプー選び

 

 

 

ただいい匂いのシャンプーを選ぶだけでは、
髪からいい匂いをさせることができません。

 

いい匂いにさせるには、以下の3つのポイントを
頭に入れておきましょう。

 

頭皮の脂っぽいにおいの対策も必要

 

なぜなら、頭皮の汚れをしっかりととってあげないと、
皮脂の臭い、つまり脂っぽいにおいがしてしまうからです。

 

この頭皮のにおいと、シャンプーのニオイが混ざってしまうと
非常に不快なにおいになってしまいます。

 

 

 

頭皮の脂をしっかりとればOK?

 

じゃあ皮脂をしっかり落とす、
洗浄力が強いシャンプーを選べばいいんだ!と
考えてしまいますが、
実は皮脂は落とし過ぎてもダメなんです・・・

 

皮脂を落とし過ぎてしまうと頭皮が乾燥状態になり、
余計に脂を分泌してしまうのです。

 

つまり、余計に脂っぽいにおいになってしまうことも。
なので、完全にとってしまうと頭皮にとっては負担を与えてしまいます。

 

例えば、石油系、高級アルコール系、せっけん系のシャンプーは
洗浄力が強いので、これらを使うと
皮脂を落とし過ぎてしまい、余計に皮脂を分泌するという状況になりやすいです。

 

>>石油系シャンプーのデメリット

 

食生活と頭皮のニオイ

 

この皮脂というのは、もちろん汗をかいたり、
食生活によっても多く分泌されます。

 

 

 

揚げ物やジャンクフードなどの脂っぽい物は、
体臭にも直結します。
良く脂っぽい物食べる方は、をすこし控えてみては?

 

皮脂を落とし過ぎないシャンプーなんてあるの?

 

だからここで必要なシャンプーというのは、
頭皮に負担を与えない洗浄剤で、
マイルドに洗い上げるようなシャンプーです。

 

 

 

洗浄剤で選ぶと、
「アミノ酸シャンプー」が一番適しています。

 

>>アミノ酸シャンプーの効果とは?髪の油っぽいニオイ対策になる?


さくらの森 ハーブガーデンシャンプー
アミノ酸系シャンプー。
ハーブをふんだんに使っている、水は精製水、無添加にこだわっている至れり尽くせりのシャンプーです。
うねりにも効果あるという評価ももちろん多いですし、
実際に私のうねりも改善しました。
ノンシリコンなので、洗いあがりが軽くて、さっぱりとしたのが特徴です。
(ハーブの香りが苦手な方にはおすすめできません。)

↓クリックできます↓




価格 容量 評価
4000円⇒半額の2000円のキャンペーン中 300ml 髪,良い匂い


 

リバテープ リマーユヘアシャンプー
馬油という馬の油が配合されたアミノ酸シャンプーです。
馬油とアミノ酸という組み合わせなかなかないシャンプーです。

コンディショナーには少量のシリコンが入っているので、
完全にノンシリコンだとばさばさ、きしきししてしまうという方にぴったりです。


↓クリックできます↓




価格 容量 評価
4968円⇒初回半額2484円 250ml 髪,良い匂い


 

クイーンズバスルーム
主成分とも言える水に着目したシャンプー。
水で濡れているときは、うねっていないのに…
そんなあなたの髪の内部にしかりと水分をとどめてくれるシャンプーです。


↓クリックできます↓




価格 容量 評価
2300円⇒お試しセット1200円 10ml 髪,良い匂い