せっけん系シャンプー デメリット

さっぱりするけど、デメリットが大きすぎる?

シャンプーは大きく3つのカテゴリーに分けられます。

 

 

 

それは石油系(高級アルコール)、せっけん系、アミノ酸系のシャンプーです。

 

それぞれ洗浄力の強さや、肌に与える影響などが
変わってきます。

 

ここでは石油系、せっけん系の特徴と、デメリットについてまとめていきます。
(石油系はしばしば高級アルコール系や硫酸系とも呼ばれています)

 

石油系、せっけん系シャンプーの成分はどのように表記されている?

 

シャンプーの裏の成分表を見てチェックしてみて下さい。
あなたは今何系のシャンプーを使っていますか?

 

石油系

 

ラウリル硫酸na
ラウレス硫酸na
○○硫酸○○系

 

せっけん系

 

脂肪酸ナトリウム
脂肪酸カリウム

 

その他

 

ココイルグルタミン酸
ヤシ油脂肪酸、ラウリン酸と書いてあれば、
それはアミノ酸系シャンプーです。

 

>>アミノ酸系シャンプーについてはコチラ

 

石油系、せっけん系は洗浄力が強い

 

この二つの洗浄剤に共通して言えることは、
洗浄力が強いということ。

 

 

 

泡立ちもカンタンですし、
これらのシャンプーで頭を洗うとさっぱりすると
感じる方が多いようです。

 

それは洗浄力が強く、皮脂をごっそりと、とってくれるからなのです。
同時に、頭皮がつっぱると感じるかたもいます。

 

これは皮脂を取りすぎてしまい、
頭皮が乾燥しやすくなるから感じてしまうのでしょう。

 

肌が弱い方は肌荒れが起こることも

 

 

 

石油系、せっけん系のシャンプーは皮脂をとりすぎてしまうので、
肌の乾燥につながってしまいます。

 

乾燥すると皮膚がかさつきかゆみやフケにも
つながりやすいというデメリットがあります。

 

それに加えて、肌は乾燥してしまうと、
本来のバリア機能も低下するので、
外部刺激にも弱くなってしまいます。

 

その結果、シャンプーの添加物で肌荒れを起こしてしまったり、
発疹、赤みが出てきてしまうこともあります。

 

縮毛やカラーを定期的にするなら

 

縮毛やカラーを定期的にしていると、
髪もそれにともなって傷んでいると思います。

 

傷んでいる髪に、
石油系、せっけん系は洗浄力が強いので、
ダメージも増大してしまいます。

 

髪のぱさつき、広がり、切れ毛などになりやすくなるので、
できるだけアミノ酸系に切り替える方が、良いでしょう。

 

特にせっけん系はぎしぎしする

 

とくにせっけん系のシャンプーは
髪がぎしぎししてしまうものが多いように感じます。

 

それはせっけん系のシャンプーにはシンプルで環境にもやさしいという
傾向のシャンプーが多いためではないでしょうか。

 

ほとんど洗浄剤しか配合されておらず、
髪の保湿成分などが入っていないので、
洗い上がりがぎしぎししてしまうのでしょう。

 

まとめ

 

シャンプーの種類の中でも
石油系、せっけん系は洗浄力が強いというのが特徴です。

 

髪が傷みがちであれば、これらの二つはさけ、
アミノ酸系のシャンプーに切り替えてみてはいかがでしょうか?


さくらの森 ハーブガーデンシャンプー
アミノ酸系シャンプー。
ハーブをふんだんに使っている、水は精製水、無添加にこだわっている至れり尽くせりのシャンプーです。
うねりにも効果あるという評価ももちろん多いですし、
実際に私のうねりも改善しました。
ノンシリコンなので、洗いあがりが軽くて、さっぱりとしたのが特徴です。
(ハーブの香りが苦手な方にはおすすめできません。)

↓クリックできます↓




価格 容量 評価
4000円⇒半額の2000円のキャンペーン中 300ml せっけん系シャンプー,デメリット


 

リバテープ リマーユヘアシャンプー
馬油という馬の油が配合されたアミノ酸シャンプーです。
馬油とアミノ酸という組み合わせなかなかないシャンプーです。

コンディショナーには少量のシリコンが入っているので、
完全にノンシリコンだとばさばさ、きしきししてしまうという方にぴったりです。


↓クリックできます↓




価格 容量 評価
4968円⇒初回半額2484円 250ml せっけん系シャンプー,デメリット


 

クイーンズバスルーム
主成分とも言える水に着目したシャンプー。
水で濡れているときは、うねっていないのに…
そんなあなたの髪の内部にしかりと水分をとどめてくれるシャンプーです。


↓クリックできます↓




価格 容量 評価
2300円⇒お試しセット1200円 10ml せっけん系シャンプー,デメリット